結婚式・披露宴のスナップ撮影


 

 

バンプデザイン結婚式スナップ撮影    ¥150,000(税抜)

 

 

バンプデザインのスナップ撮影は「式に来れなかった方が見ても、その一日を手に取るよう感じる」撮影スタイル。

見た人の「心に伝わる写真たち」。それがバンプデザインのスナップ写真です。

 

 

撮影料金はけっして安くはないかもしれません。

それは、ただ記録するだけの空っぽなウェディングフォトとは全く違う、色々な思いや技術が込められているから。

 

そんな違いを、想いを、ある一日の結婚式の撮影からご覧ください!

 


BUMP DESIGN FLOW OF SHOOTING  ~結婚式1日の撮影の流れ~

スナップ写真はかならず外観から。

見ている人が、まるでその会場に本当にやって来たかのような錯覚を感じます。

 

そして内観とコーディネート。ワクワク感が高まります。


次はもちろんメイクシーン。ここでは話しかけるのを控えます。

お二人の緊張感や期待、不安、喜び。そんなありのままの空気感を残したいから。時にはすっぴんの時からも撮影したりします!


ポートレート撮影、スタート!今日は近隣にロケーション撮影にお出かけしちゃいました。

この日はつつじと一緒に撮影して季節感を演出。

 

そして大事なかぞく写真。絶妙な安定感で形を作ります。その後はリハーサル。「式では撮れない角度」からのみ、撮影します。

 

場面が変わると必ずまず全景から。「ここがどこか」を伝えるために。

まだまだ結婚式ははじまりません!入場を待っているゲストの表情をたくさん撮影し、お二人のお控室にもおじゃまします。

 

入場。とても大事な瞬間。気持ちを写真に表現するためシンプルに。

そして、決して構図を傾けません。「想い」だけを写真に残すために無駄を徹底的にはぶきます。

 

式中はなによりも臨場感を大事にスナップ撮影。

バンプデザインは何よりもゲストを大事にします。二人を撮り・ゲストを撮る。これを繰り返します。

以外とこんな風に撮影できるカメラマンはそう多くありません。

 

時には望遠レンズでググッと近寄り感情を写真に込め、

また時には広角レンズで全体を撮影し雰囲気をすべて写しこみます。そしてエンディングの一枚を忘れずに撮ります。

 

ここで大事な全員集合写真!

バンプデザインはピースやハートや拍手など、ポーズを強要することはありません。自由なポーズで。ノリノリで!

そして披露宴を待つ雰囲気を必ず。「待っているゲストの様子」とても大事だと考えます。

 

披露宴スタート!基本的にはゲスト越しに二人を撮影。これで空気感が生まれます。

感情を表現したい時は、やっぱり無駄を徹底的に省いて、アップで。

 

お色直しの中座のシーン。想いが形になる、とても大切な瞬間。

ここでは必ず写真的にオープニングとエンディングを狙います。ストーリーを生み出すために。

 

今日のお客様はお母様と退場だったのでオープニング写真は手元・足元。エンディングは見守るお父様の表情を。

 

色直しが完成したら、時間がなくてもちょっとだけでもポートレート!

 

後半は涙のシーンが多くあるので、なるべく少しでもメイクが綺麗なうちに二人の写真を撮ります。

でも、ゲストが待ってるから大急ぎ!バンプデザインの撮影スピードなら撮影が可能です。

 

入場。時にはスタッフも入れて祝福の雰囲気を残します。

ケーキカットで一番大事なのはゲスト。「二人ボッチ」なケーキカットは撮りません。ゲストと一緒に!

またはゲスト越しに。

 

デザートビュッフェがあった場合、カメラマンは一番忙しい時間です!

 

たくさんのご友人や、おじいちゃんおばあちゃんと一緒の写真。を撮りつつ雰囲気も撮る。走り回ります。

 

余興の時間もカメラマンは大忙し!

何が起こるかわからないので色んなレンズを持って走り回ります。全体の雰囲気と、想い。どちらも大事です。

 

手紙シーンは一日で最も感情を写しこみたい瞬間。

オープンニングを必ず作ります。ここでは手紙を持つ新婦の手元。先ほどまでの余興の空気をガラッと変えるために。

花束贈呈でも手元からスタート。

 

披露宴が終わってもまだまだ撮影!

素敵な一日を一緒に過ごした縁の下の力持ち・スタッフさんと撮影したり。送賓シーンも感情を狙います。

 

全てが終わっても、まだまだ撮影。

色直しのドレスでの大事な大事なかぞく写真。バンプは普通には撮りません。スペシャルな一枚を!

 

今日はコーディネートと一緒に、お父様お母様には自転車に乗ってもらって撮りました。

丸一日撮影にお付き合いいただき、ありがとうございました!